毎日の「気づき」を増やす
心のセルフケア・アプリ

あなたが日々感じたことを対話するようにアプリに記録。感情や体調の変化が見える化された分析レポートや、あなたにあったセルフケアのための音声ガイドが手に入ります。

shape
download

感情に関する悩みや疑問
Awarefy で自分と向き合ってみませんか?

いつの間にか感情に振り回されている、物事を悪い方に捉えがち、嫌なことを思い出してはいつまでも考えてしまう... ストレス社会において、人の心や感情についての悩みはさまざまです。

日記を書いたり、SNSに吐き出したり。自分なりの方法でこれまで対処してきたあなた。自分の感情が客観的に分析されたり、気分や体調の移り変わりが「見える化」されたりしたら、もっと自分自身と向き合えそうだと思いませんか?

Awarefy は、「気づく」ことをつうじて「自分自身とのより良い関係」を築いていくことを目指す、心のセルフケア・アプリです。変えたい自分がいるひとも、そうでないひとも。生きづらさを感じているひとも、そうでないひとも。

Awarefy で、毎日の気づきを増やしてみませんか。

日々の記録で、感情が「見える化」
データがあるから、客観的に向き合える

気持ちの整理やふり返りをチャットボットが優しく支援

日々の感じたことの記録やふり返りをお手伝いするチャットボットを搭載。対話するように自分の感情や思考を記録できます。

毎週届く分析レポートで知らなかった自分を発見

あなたの記録を元にした「感情レポート」が毎週アプリ内に届きます。自分でも知らなかった思考や感情の傾向に気づくきっかけを得られます。

マインドフルネス瞑想や心の働きについて学べる

ストレスケア効果に注目の集まるマインドフルネス瞑想に取り組めるオーディオガイドをご用意しています。心の働きについて学べるコンテンツも多数配信。

about us

認知行動療法の手法をアプリに反映
早稲田大学との共同研究を実施

株式会社Hakali は、早稲田大学 人間科学学術院 熊野宏昭研究室(※1)と共同研究を行い、Awarefy におけるメンタルケアに関する手法の検討や実証実験などを行っています。

Awarefy に搭載しているチャットボットの対話シナリオには、カウンセリングや心理療法の現場で活用されている認知行動療法(CBT)やアクセプタンス&コミットメント・ セラピー(ACT)などの手法を取り入れています。

メンタルヘルスに関する独自の指標研究も行っており、Awarefy の有効性についての検証・研究を日々続けています。

※1早稲田大学 人間科学学術院 熊野研究室では 精神医療と身体医療の双方に臨床心理学を適用し、マインドフルネスやアクセプタンスを含む「新世代の認知行動療法」によって、短期間で大きな効果を上げることを目指した研究などを行っています。

Pricing

アプリ公開を記念して、2020年6月30日まで、プレミアムプラン相当の機能を全ユーザーに開放中です。

Contact with us

個人情報は適切に管理いたします。
このフォームを送信することで、プライバシーポリシーに同意したものとみなします。