よりよいマインドフルネスの実践を助けるセルフコンパッション 〜落ち込んだ時や不安な時の支えになるセルフケアを身につけませんか〜【Awarefy LIVE vol.4】 開催レポート

author's avatar

Yuki Takei

2021年7月8日(木)19:00〜21:00に、よりよいマインドフルネスの実践を助けるセルフコンパッション 〜落ち込んだ時や不安な時の支えになるセルフケアを身につけませんか〜【Awarefy LIVE vol.4】と題して、オンラインイベントを開催しました!

Awarefy LIVE vol.4 開催
Awarefy LIVE vol.4 開催

本イベントでは、心理カウンセラー・マインドフルネス研究者兼研究者の内田さんをお招きし、レクチャーとエクササイズを通して、マインドフルネスやセルフコンパッションについて体験的に学びました。

マインドフルネスのポイント
マインドフルネスのポイント

まず、マインドフルネスのポイントを2つ教えていただきました。

  • 未来や過去ではなく今この瞬間の体験に気づくこと
  • 自分の体験や考えを評価判断せずに"あるがまま"気づくこと
    「"あるがまま"の気づきとはどういうことか」についての内田さんの例えがとてもユニークで、参加者のみなさまも「わかりやすい!」「おもしろい!」とコメントされていたのが印象的でした。

マインドフルネスの実践
マインドフルネスの実践
レクチャーのあとは、内田さんのガイドにそってマインドフルネスとセルフコンパッションのエクササイズを体験しました。
セルフコンパッションを意識しながらマインドフルネスを行うことで、普段のマインドフルネスとは違う気づきや体験があったのではないかなと思います。

Q&Aコーナー
Q&Aコーナー
続いて、参加者のみなさまからいただいていた、質問に回答するコーナーです。
マインドフルネスの継続のコツから、孤独・落ち込みといった感情との付き合い方まで、様々なお悩みに丁寧に回答いただきました。

最後に、内田さんから参加者のみなさま宛にメッセージをいただきました。
マインドフルネスを実践する際も、普段の生活の中でも、評価判断している事に気づいて、「評価判断してたな、OKOK」と今ここに戻ってくることが大事であると教えていただきました。
評価判断がなかなか手放せない社会ではありますが、ふとした瞬間に内田さんの「OKOK」を思い出していただけたら嬉しいです。

イベント終了後は、参加者のみなさまからたくさんの感想を頂戴しました。

  • 自分の今の気持ちを大切に考えてみたいと思いました。
  • 今回のイベントで、自分を大事にする、ということが少し具体的にわかったような気がします。
  • マインドフルネスの間に浮かび上がる雑念もオッケーだと許そう、というのが目から鱗でした。
  • オッケーだよと自分に優しくすることが、マインドフルネスの継続につながるのだと気づくことができました。

オンラインでのイベントではありましたが、参加者のみなさまとチャットやQ&Aで交流することを通して、一体感やつながりを感じられるイベントになったのではないかなと思います。
今回のイベントを通して、セルフケアや自分を大切することのヒントを少しでもお持ち帰りいただけていたら嬉しく思います。

今後もAwarefyでは、さまざまなオンラインイベントの開催を予定しております。
ぜひみなさまと一緒に、心のセルフケアについて学んだり考えたりしていけたら嬉しいです。
オンラインイベントで扱って欲しいテーマ等があれば、お気軽にAwarefyサポートチームにお聞かせください。